思ったこと 感じたこと

日々 "思ったこと" や "感じたこと" をつづる場所

こんな社会って素敵じゃないですか?

NAHAマラソン 37−38km付近

ふいに涙が押し寄せてきた

 

 

「こんな社会いいなぁ」

 

そう思ったらグッときてしまったのだ

 

 

何とか涙は我慢した

そして、雨でごまかされたが

確実に目に涙はたまっていた

 

 

本題に入る前に、まずは超簡単に振り返りから

 

今回まだ足に馴染んでいないワラーチで結構キツかった

f:id:masarusakurai:20171204074936j:plain

f:id:masarusakurai:20171204075952j:plain

 

 

10km付近

左足の親指の付け根に違和感を感じ

早めに絆創膏を張るも早々に水ぶくれに

 

15km付近

かかとの外側が同じように水ぶくれに

早めのストレッチ

ハム・ふくらはぎなど裏側を中心に

f:id:masarusakurai:20171204074436j:plain

 

21km折り返し

水ぶくれをかばった左足が

もう残っていないなーと感じ始めた

 

23km付近

一度止まってじっくりストレッチ

 

25km付近

ストレッチを裏側中心でしていたため

太もも前側(正確にはたぶん内側広筋)がきた

 

25-30km

11xx7番のお父さんの後ろを

何も考えずただひたすらに付いていく

 

30km

ここで3:30、歩きに切り替える

10分/kmで歩けば、ちょうど2時間

ゴールには十分間に合う時間

 

37-38km付近

急に涙が…

 

40-42km

40km過ぎに一緒にエントリーした友人とバッタリ

最後2kmはのんびり一緒に走ってゴール

f:id:masarusakurai:20171204080953p:plain

 

 

 

で、このレースのどこが

 

「こんな社会いいなぁ」

 

だったというのか?

 

 

今回、後半12kmを歩いたことで

走っていると通り過ぎてしまう

沿道の方々の姿をじっくりと味わえた

 

◼「塩飴でーす!どうぞー!塩飴でーす!」と

 全身全霊の力を振り絞って叫びながら

 歩道の柵から精一杯手を差し出してくれた男の子

 

◼結構な雨の中、傘もささずに手を叩き、

 歩いてる僕に「ナイスラン!ナイスラン!」と

 全力で連呼してくれたお兄さん

 

◼小さい太鼓を叩きながら「がんばれー!がんばれー!」と

 小さい体で声をからしながら叫び続けてくれた女の子

 

◼少し道路からは離れて、家の玄関椅子に座って、

 優しい笑顔で手を叩いてくれたおばあちゃん

 

◼何も言わず、何をせずじっとランナーを見ていたオジさん

 

 

マイベストヒットは

「これ食べたら元気になるぞー」と言って

何の変哲もない食パンをくれたおじいちゃん

 

これには本当に元気をもらった。笑

 

そんな風に、沿道にいた人たちはみんな

それぞれのやり方で、それぞれのスタイルで

全く知らない赤の他人であるランナーたちを応援してくれた

 

 

そしてランナーはランナーで、自分なりの精一杯で走る

 

◼とにかく早く走ることで精一杯を表現する人もいれば

 

◼「ありがとう、ありがとう」と言葉で応える人もいて

 

◼本当に苦しいタイミングではただ下を見て進む時もあり

 

◼ジバニャンやマリオ、泡盛やバナナの着ぐるみで盛り上げる人もいる

 

 

 

応援する人も、走る人もその人なりの精一杯

そしてそれが循環していて、誰も見返りを求めない

 

目の前の人に何かしてあげたいという人と

一所懸命に前に進むことでそれに応える人

 

 

それが僕が感じた

 

「こんな社会いいなぁ」

 

 

そう思ったら涙がこみ上げてきたわけである

 

 

来年2月の東京マラソンは、ボランティアに応募した

 

前に進もうとする人を全力で応援したい

食パンは渡せないと思うが。。。