思ったこと 感じたこと

日々 "思ったこと" や "感じたこと" をつづる場所

その目標は簡単に叶えられる

1歳7ヶ月になるウチの娘、ご飯が大好き

 

子どもが椅子に座って、目の前のご飯に集中して

ご飯を食べてくれるって、親としてはとっても嬉しいですよね

 

親のあり方(意識の持ち方)と声掛けの仕方で

ある程度はそういう状態にはなります

 

が、やはり飽きてきて遊んだり

「食べさせて〜」と甘えたりすることもあるわけで

 

先週の月曜日、3連休の最後の祝日

我が家の夕食はカレーでした

 

食べはじめて20分

娘は少し遊びだし、注意散漫になってきました

 

カレーが大好きな僕は、そんな娘に目もくれず

夢中でカレーを食べいち早く完食

 

そして妻に「おかわり!」と言いました

 

すると娘がピクッと反応

「おかわり?」「何それ?」という反応

 

妻が2杯目のカレーを持ってくると

「なるほど!おかわりってそういうことね!」と同時に

「私もおかわりしたい!」というスイッチがON

 

さっきまで遊んでたのに、夢中でご飯を食べ始めました

 

 

 

物事には、目標と手段があります

 

目標Aを達成するために手段Aがある

 

そして目標Aを達成したいのって

何のためだっけ?と考えると

目標Aの更に上位レイヤーにまた目標Bがある

 

その時、目標Aは手段Bになる

図示するとこんな感じ

 

f:id:masarusakurai:20170924070742p:plain

 

 

そして

目標はなかなか手にはいらないけど

手段は簡単に手に入る

 

目標は、手に入っていない前提

手段は、手に入る前提

 

認知科学や心理学でも説明できますが

長くなるのでそこは省略

 

 

あなたが目標として追いかけてきたこと

手段にしてみたら何が起きるでしょうか?

 

 ・フルマラソン走りたい

 ・10kgダイエットしたい

 ・簿記の資格を取りたい

 ・仕事で評価されたい

 ・子どもが欲しい

 ・あの人と上手くやりたい

 

 

ちなみに僕はこちらの記事でも書きましたが

英語を1,000時間、勉強しましたがダメでした

 

 

なにせ「英語を話す!」が目標になっていたもので

 

「英語を話す」ってことがもし手段になっていたら

 

f:id:masarusakurai:20170924070822p:plain

 

黄色い箱の中に

 ・良いサービスを世界の人に伝える

 ・より多様な生き方・価値観を知る

という目標が入り

それがどうしてもやりたくてたまらなくて(ここ超重要)

そのために「英語を話す」という手段が必須だったら

 

まぁ、絶対に話せるようになるでしょうね

 

 

 

さてさて

 

カレーを食べた3連休の前半は

群馬の水上へ「ニューアコ」に行ってきました

 

大好きなハナレグミを芝生の上に座りながら

聞くという時間は最高でした

 

f:id:masarusakurai:20170924070223p:plain

 

f:id:masarusakurai:20170924070953j:plain

 

f:id:masarusakurai:20170924071032j:plain

 

 

そして家に泊めてもらった大学時代の友人と

ワインとともに夜中2:30まで話し

翌日は水沢うどんからの伊香保温泉

 

何とも楽しい3連休でした

 

 

ちなみに

おかわりをした娘

 

2杯目のカレーには

飽きてまた遊んでましたとさ