思ったこと 感じたこと

日々 "思ったこと" や "感じたこと" をつづる場所

このブログ、こんな人に届けたい②

 

週末は横浜・山下公園で花火を

 

f:id:masarusakurai:20170719071825p:plain

 

横浜の花火といえば、学生時代

みんなでワイワイと行ったり

デートしたりと

何かと思い出があったりします

 

f:id:masarusakurai:20170719072211p:plain

 

 

ワークスAP時代に

僕に営業を教えてくれた先輩の家で

当時のすごーく怖かった(笑) 先輩たちと

飲みながら見る花火

 

とっても良い時間でした

 

 

 

さてさて、本題

 

前回(このブログ、こんな人に届けたい①) の続きを

 

「なぜ2:6:2の6の人なのか?」

 

 

日本企業には

「スキル・知識」を向上させるための

素晴らしい研修が整っている(図の左側)

 

f:id:masarusakurai:20170719072507p:plain

 

一方で

「心の状態」(図の右側)

はどう扱われているか

 

経営者や、いわゆる意識高い系の人には(図の上段)

社外にメンターや深く語り合える仲間がいるし

 

会社を休みがちだったり鬱の人には(図の下段)

上司・人事、そして家族が親身になってくれたり

専門のカウンセラーが相談にのってくれる

 

 

その一方で

2:6:2の6の人には(図の中段)

「心の状態」を扱う時間も方法もなかったりする

 

この時代、人事部はいつも忙しい

この層に割くためのリソースはなかなかないし

研修をやれたとしても単発でやるのが精一杯

 

それに加え

当人たちの中でもこんなことが起きている

 

 ・自分の「心の状態」を扱うメリットを感じない

 ・扱おうと思っても近くに相談相手がいない

 ・相談相手がいても適切なコミュニケーション

  をしてもらえず、そういう話はしなくなる

 

要するに

自分の「心の状態」に気付き、良い状態にすることが

 

「いかに自分のパフォーマンスを上げるか」に気が付いていない

もしくは

「パフォーマンスを上げたい」と思っていない

 

ちなみに

ここでいう「パフォーマンス」って

仕事の話だけじゃなくて

キャリアの話、100歳まで生きる人生の話

家族の関係や、パートナーとの関係も含んで

 

 

 “ じゃあ、その人たちに「心の状態」

  を扱う方法を伝えていけばいいじゃん ”

 

 

と行きたいところが、ここで大きな問題がある

 

 

それは、このニーズが潜在化していること

 

 

このブログを読んでくれているあなたは

少なくとも自分の「心の状態」を扱った方が

これからの人生にとっていいんだろう、と

少なからず意識が向いている人なわけでして…

 

そこに意識が向いていない人には

このブログは届かないわけです

 

 

部下の問題に苦しんでいる上司に届けたい

 

旦那との関係に悩んでいる人に届けたい

 

本当は夢があるのに、諦めている人に届けたいし

諦めていることすら気付いていない人に届けたい

 

自分の気持ちをグッとこらえている人に届けたいし

そのことにすら気付いていない人に届けたい

 

 

「スキル・知識」は十分に持っている

そんな人が自分の「心の状態」に意識を向けて

人生のパフォーマンスを上げたら

これからの100年ライフ、超高齢化社会において

素晴らしい未来が待っていると思うわけです

 

 

なぜこんなこと思うのか

 

 

それは僕自身が2:6:2の6の人間であり

何となく楽しく生きていければいいやと思っていたし

40歳ぐらいで早期リタイアして

沖縄でのんびり過ごしたいと思っていたし

(沖縄でのんびりが悪いわけじゃないですよ!)

 

そんな僕が人間心理の探求をはじめ

本当に人生のパフォーマンスが上がったから

 

そして一見ごく普通のサラリーマンだった人たちが

本当に生き生きと働いている姿をたくさん見たから

 

日本には「スキル・知識」をたんまり持った

最高の人材がたっぷりあると思うわけです

 

これをもっともっと活かして

更に幸せでマインドフルな国や世界を見たい