読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思ったこと 感じたこと

日々 "思ったこと" や "感じたこと" をつづる場所

じゃあ、どんな自分なら価値があるの?

「頑張って

 結果を出さないと

 自分には価値がない」

 

コーチングセッションをしてもらって

ふっ、と出てきた自分の "思い込み"

 

まぁこんな類の "思い込み" は

多かれ少なかれたくさんの人にあると思う

 

セッションを進めていくうちに

「頑張ってないと、自分には価値がない」

「結果を出さないと、自分には価値がない」

が混ざっていることに気がつくわけで

 

そして

前者は持っていた方が幸せだけど

後者は持っていない方が幸せだ

ということに更に気がつくのです

 

こんな風にして

自分自身では当たり前だと

思い込んでいて疑いもしなかった

思考・感情・言動に気がつくことは

非常に大きな変化をもたらす

 

まぁそれがコーチングなわけですが

 

 

ちなみに 最近の

「自己承認」「自己受容」的な流れだと

 

 "頑張らなくてもいいよ!"

 "頑張らなくても大丈夫!"

 

ってなことを言われそうですが

僕は頑張ってた方が幸せなんですね

 

 

仕事をしていると色んな価値観に出会う

 

 "新卒の時は死ぬほど働いた方がいい"

 "楽しいを追求した先にイノベーションがある"

 "使命を全うすることに人生の意味がある"

 

はたまた

 

 "頑張らなくてもいい、ありのままのあなたで"

 "120%ストレッチして目標立てることで成長する"

 

みたいな在り方についても色々と言われる

 

 

どれも正しいし

どれも間違ってない

 

どれもその人の価値観

 

"価値観" は "感情" を通して生まれてくる

"感情" は "具体的なエピソード" の中にある

 

 

僕は身を修めて

継続の力で生きている自分が

気持ちいいし幸せだと感じる

 

どんな状況下におかれても

結果を出そうと一所懸命に生きる

そんな自分でいられたら

自分に価値があるって思える

 

そんな価値観を持った人間である

まぁそれだけのことだ

 

f:id:masarusakurai:20170316065437p:plain

(全く脈略ないけど

 浜松市の新キャラ「出世法師 直虎ちゃん」と

 浜松らしく うなぎの槍 持ってます。笑)

 

 

"エピソード" から生まれる "感情"

"感情" を通してつくられる "価値観"

 

その "価値観" には良いも悪いもない


そして

その "価値観" が違うってだけで

争うことや奪い合うなんて寂しい

 

みんなが

自分の大切にしているものを

自分自身で気がついていれば、

そんな争いや奪い合いは

起きないんじゃないかな

なんて思うわけです

 

ということで

これも僕の "価値観" なんですが。。。