思ったこと 感じたこと

日々 "思ったこと" や "感じたこと" をつづる場所

このブログ、こんな人に届けたい②

 

週末は横浜・山下公園で花火を

 

f:id:masarusakurai:20170719071825p:plain

 

横浜の花火といえば、学生時代

みんなでワイワイと行ったり

デートしたりと

何かと思い出があったりします

 

f:id:masarusakurai:20170719072211p:plain

 

 

ワークスAP時代に

僕に営業を教えてくれた先輩の家で

当時のすごーく怖かった(笑) 先輩たちと

飲みながら見る花火

 

とっても良い時間でした

 

 

 

さてさて、本題

 

前回(このブログ、こんな人に届けたい①) の続きを

 

「なぜ2:6:2の6の人なのか?」

 

 

日本企業には

「スキル・知識」を向上させるための

素晴らしい研修が整っている(図の左側)

 

f:id:masarusakurai:20170719072507p:plain

 

一方で

「心の状態」(図の右側)

はどう扱われているか

 

経営者や、いわゆる意識高い系の人には(図の上段)

社外にメンターや深く語り合える仲間がいるし

 

会社を休みがちだったり鬱の人には(図の下段)

上司・人事、そして家族が親身になってくれたり

専門のカウンセラーが相談にのってくれる

 

 

その一方で

2:6:2の6の人には(図の中段)

「心の状態」を扱う時間も方法もなかったりする

 

この時代、人事部はいつも忙しい

この層に割くためのリソースはなかなかないし

研修をやれたとしても単発でやるのが精一杯

 

それに加え

当人たちの中でもこんなことが起きている

 

 ・自分の「心の状態」を扱うメリットを感じない

 ・扱おうと思っても近くに相談相手がいない

 ・相談相手がいても適切なコミュニケーション

  をしてもらえず、そういう話はしなくなる

 

要するに

自分の「心の状態」に気付き、良い状態にすることが

 

「いかに自分のパフォーマンスを上げるか」に気が付いていない

もしくは

「パフォーマンスを上げたい」と思っていない

 

ちなみに

ここでいう「パフォーマンス」って

仕事の話だけじゃなくて

キャリアの話、100歳まで生きる人生の話

家族の関係や、パートナーとの関係も含んで

 

 

 “ じゃあ、その人たちに「心の状態」

  を扱う方法を伝えていけばいいじゃん ”

 

 

と行きたいところが、ここで大きな問題がある

 

 

それは、このニーズが潜在化していること

 

 

このブログを読んでくれているあなたは

少なくとも自分の「心の状態」を扱った方が

これからの人生にとっていいんだろう、と

少なからず意識が向いている人なわけでして…

 

そこに意識が向いていない人には

このブログは届かないわけです

 

 

部下の問題に苦しんでいる上司に届けたい

 

旦那との関係に悩んでいる人に届けたい

 

本当は夢があるのに、諦めている人に届けたいし

諦めていることすら気付いていない人に届けたい

 

自分の気持ちをグッとこらえている人に届けたいし

そのことにすら気付いていない人に届けたい

 

 

「スキル・知識」は十分に持っている

そんな人が自分の「心の状態」に意識を向けて

人生のパフォーマンスを上げたら

これからの100年ライフ、超高齢化社会において

素晴らしい未来が待っていると思うわけです

 

 

なぜこんなこと思うのか

 

 

それは僕自身が2:6:2の6の人間であり

何となく楽しく生きていければいいやと思っていたし

40歳ぐらいで早期リタイアして

沖縄でのんびり過ごしたいと思っていたし

(沖縄でのんびりが悪いわけじゃないですよ!)

 

そんな僕が人間心理の探求をはじめ

本当に人生のパフォーマンスが上がったから

 

そして一見ごく普通のサラリーマンだった人たちが

本当に生き生きと働いている姿をたくさん見たから

 

日本には「スキル・知識」をたんまり持った

最高の人材がたっぷりあると思うわけです

 

これをもっともっと活かして

更に幸せでマインドフルな国や世界を見たい

 

 

このブログ、こんな人に届けたい①

最近、食べた2つの餃子

 

f:id:masarusakurai:20170716100858p:plain

 

左の写真は家で妻が作ってくれた

餃子なわけですが

真ん中に「茹でもやし」ですね

 

はい、そうです

いわゆる浜松スタイル

 

にしても、餃子とうなぎって

浜松にいた頃ってホントよく食べたなーと

東京に来てから改めて思うわけです

 

で、この茹でもやしなんですが… 

 

と、餃子の話を始めると

いつまででもできそうなので本題に

 

 

前回のブログ(6ヶ月やって見えること) で

" ごく一般的な社会人に届けたい "

" 2:6:2の6の人に届けたい"

 ということを書いた

 

それがなぜかを数回に分けて書いていく

 

 

仕事でもスポーツでも、パフォーマンスって

「スキル・知識・経験」×「心の状態」

なんじゃないかなーと思うんです

 

f:id:masarusakurai:20170715082743p:plain

 

例えば、スポーツで言うと

練習ではめっちゃ上手くいくのに

本番の大事な場面になると弱いとか

 (よーーく身に覚えがあります。涙)

 

例えば、平均台

公園にある平均台なら余裕だけど

地上100mの場所で平均台となったら

僕なら確実にビビるなーとか

 

 

スキルや知識はあるのに

「心の状態」によって

その力が発揮できなくなる

 

 

これ仕事でも同じで

新人がテレアポする時も

大切なプレゼンをする時も

ミーティングでファシリをする時も

 

できる力は持っているのに

その力が発揮できないことがある

 

これは瞬間的なパフォーマンスでも

中長期的なパフォーマンスでも

同じことが起きていたりする

 

f:id:masarusakurai:20170715083221p:plain

 

もちろんこんな単純な掛け算ではないけど

イメージ的にはこんな感じ 

 

 

で、この「心の状態」の扱い方って

学校では専門的に教えてくれない

 

そして

もっと悲劇的なのは、社会人になって

「スキル・知識」と「心の状態」

が区別されない時に起こったりする

 

大きく2つのすれ違いがある

 

「スキル・知識」が足りないだけなのに、

 「あいつは気合いが足りない」

 「最近の新人は根性がない」

 「彼は強い意志がない」

と言われたり、みなされたりする

 

逆に「スキル・知識」はあるのに

「心の状態」が悪いことで、

本来の力が発揮できていなくて

「あいつはできない奴だ」

なんて、こともよく起こる

 

 

僕はこのブログでは

後者の話をしていきたい

 

スポーツで言うなら

 

練習で培った力を本番で最大限に発揮する

「心の状態」の作り方だったり

 

本番に向けて練習のモチベーションを

良い状態でキープしていくための

「心の状態」の作り方である

 

 

ちょっと長くなってきたので

今日はこの辺りで

 

次回以降で

「なぜごく一般的な社会人なのか?」

「なぜ2:6:2の6なのか?」

の核心に振れていければと

 

ブログを6ヶ月やって見えること

ブログを初めて6ヶ月が経ちました

 

28の記事を書き

6,000アクセスいただきました

 

1記事で平均200アクセス

 

そんなに読んでくださっている方が

いると思うと嬉しいです

ありがとうございます!

 

 

昨日は

昔、妻が働いていた

ル・パン・コティディアンが

ミッドタウンに新店をオープン

 

ということで六本木へ

 

テラス席でランチビール

2時間半ぐらいまったりのんびりと

 

プチ旅行気分

 

f:id:masarusakurai:20170709072754p:plain

 

 

さてさて

このブログ、30近い記事を書いて

自分が誰に何を伝えたいのか

だいぶ見えてきた気がします

 

 

誤解を恐ずに言うのであれば

 

“ ごく一般的な社会人 ”

 

 

「ごく一般的な」

という言葉を説明するに辺り

まずは消去法的にかいてみると

 

 

自分は今の会社や社会をグイグイと

引っ張って社長や役員を目指すんだ!

という感じでもなく

 

いつか起業して、社会に大きな

インパクトを与える企業をつくるんだ!

という感じでもなく

 

自分のやりたいことで独立をして

お金も時間も自由に人生を満喫したい!

という感じでもなく、

 

都会生活とはあまり相性が合わないので

田舎に行って自給自足したいなー

という感じでもなく

 

今の会社がとにかくしんどいし

というか人生もう疲れたから

仕事とかできればしたくない。。。

という感じでもない

 

 

じゃあ

どういう人なんだよ!と言うと…

 

ぼく自身の精神衛生上、

もう一度この枕詞を書かせてください…

 

 

誤解を恐ずに言うのであれば

 

 

もし仮に日本の社会全体が

2:6:2に分けられるとするのであれば

「自分は6にあたる人かもなー」

と自分自身で思う人に届けたい

 

※何を縦軸にとった2:6:2なんだ!

 って議論はここではなしで

 

 

これはまた書いていく中で

変わっていくかもしれないけど

一旦こういった方をイメージして

言葉にしていってみます

 

 

そういった人たちが

幸せに働いていける

幸せに生きていける

 

そのために “ 一致感 ” が

高まっていく世界を広げたい

 

 

タイトルの変更も視野に入れ

少しでも誰かの役に立つように

そして自分自身も楽しいブログに

していきたいなーと思っているので

引き続きよろしくお願いしまーす!