思ったこと 感じたこと

日々 "思ったこと" や "感じたこと" をつづる場所

【申込フォーム】個人セッション

あなたの大切なお話の相談に乗らせていただきます。

 

カフェとか飲み屋とかで話を聞くというものではなく、

心理学や脳科学等に基づいたきちんとしたセッションをします。

 

 

◼得意なテーマ

 

僕は「葛藤」「矛盾」を扱うのが得意です。

 ・自分の中にある葛藤・矛盾

 ・自分と他人の間にある葛藤・矛盾

 

例えば…

 

 「社員を信じたい自分」と「実は首を切りたい自分」

 「独立して夢に向かいたい自分」と「不安で行動できない自分」

 「彼と別れたい自分」と「ダラダラ付き合う自分」

 彼女への「愛情」と「つい手をあげてしまう自分」

 お母さんへの「感謝の気持ち」と「諦め」

 「上司への怒り」と「良い仕事をしたい自分」

 

こんな感じの「葛藤」「矛盾」がある状態が

セッションを通して「一致感」のある状態になります。

 

 

◼セッションをお断りするケース

 

セッションをお断りする理由が2つあります。

 

1つは時間的に難しい場合。

2018年1月現在、たぶん月1人が限界です。

 

そして、もう1つ。

こっちが非常に重要です。

 

「心底、何とかしたいと思っている」

ということを感じられない時。

 

本気で何とかしたいという気持ちさえあれば

必ず解決できます。

 

逆にそれがないと、どんなに時間をかけても

解決できません。

 

 

◼費用感の目安

 

これまでは経営者の方限定で 90分 5万円で行ってきました。

経営者の方以外には高いと感じられると思いますが、

90分 3万円ぐらいがこの業界の相場を崩さないあたりかな

と感じていたりします。

 

が、本当に解決したいことがある人は

一旦費用のことは気にせず相談をください。

 

本当に何とかしたいって人のお役に立てたら嬉しいです。

 

 

◼お申込

 

 

2018年はFEELCYCLEにてスタート!

大変遅くなりましたが

明けましておめでとうございます

 

家族や社員、友人・知人の多くが2018年を

無事に迎えられたこと、非常に嬉しく思っています

 

そして皆さん、本年もよろしくお願いいたします!

 

 

さて、早速ではありますが

この3連休にFEELCYCLE初体験してきたので

ちょいとその感想でも書いてみようかなーと

 

恥ずかしながらFEELCYCLEについて

前日まで全くの無知だったわけですが、聞くに

 

 暗い部屋で

 大音量の音楽とともに

 自転車を漕ぎまくる

 

ものだと

 

おお!そうきましたか! 

となると、それは瞑想か?と思うわけで

行きたい気持ちがどうにも抑えられません

 

 

この思考全盛の時代を生きてきた僕たちには

思考をなくす瞬間というのが本当に少なくて

意図的にその時間を持つ必要があったりするわけで

 

それが今のマインドフルネスの流れでも

あったりするわけですが

 

 

 真っ暗な中で

 音に浸りながら

 全身で単調な反復運動をする

 

なんて、思考を止めるには最高の環境

 

 

というわけで行ってきました

 

f:id:masarusakurai:20180109071035j:plain

 

 

感想としては、とにかく気持ち良かった

 

段々と高まる運動強度と

音の大きさ、テンポに併せて

結構な暗闇もあったりして

次第に思考はなくなっていき

ただただ没入していく感覚

 

自分に入っていく感じ

自分がなくなっていく感じ

ただそこに世界がある感じ

 

好きです、この感覚

 

去年サカナクションのライブで

同じ感覚を味わったなーなんて

 

一郎さんは「新しい音楽体験を」と言ってましたが、

そこで目指したのは深い瞑想体験なのでは?

と思ったことを思い出しました

 

 

FEELCYCLEの方は

敢えて欲を言わせてもらうのであれば

最後に完全に静かな時間を30秒でも1分でも

もらえたら、もう言うことなしでした

 

瞑想目的で来る人なんてあんまりいないだろうから

静かな時間が満足度を上げるとは思いませんが

 

意識下での満足度は上がらないけど

無意識下で得る満足度はグッと上がりそうだなー

なんて思ったりしました

 

 

おそらく米国で流行ってる理由は

(本当に流行ってるのか調べてませんが)

ダイエットやストレス発散等々理由は

いくつかあるとは思います

 

個人的には

思考を止められる状態に

自然と入れるという環境というのが

みんな無意識で求められてるんだろうなー

なんてのが、僕の感想でした

 

 

そんな感じで、皆さん

2018年もよろしくお願いします!

 

そして今年から個人の相談にも乗ることにしました
必要な方はお声がけくださいませ

こんな社会って素敵じゃないですか?

NAHAマラソン 37−38km付近

ふいに涙が押し寄せてきた

 

 

「こんな社会いいなぁ」

 

そう思ったらグッときてしまったのだ

 

 

何とか涙は我慢した

そして、雨でごまかされたが

確実に目に涙はたまっていた

 

 

本題に入る前に、まずは超簡単に振り返りから

 

今回まだ足に馴染んでいないワラーチで結構キツかった

f:id:masarusakurai:20171204074936j:plain

f:id:masarusakurai:20171204075952j:plain

 

 

10km付近

左足の親指の付け根に違和感を感じ

早めに絆創膏を張るも早々に水ぶくれに

 

15km付近

かかとの外側が同じように水ぶくれに

早めのストレッチ

ハム・ふくらはぎなど裏側を中心に

f:id:masarusakurai:20171204074436j:plain

 

21km折り返し

水ぶくれをかばった左足が

もう残っていないなーと感じ始めた

 

23km付近

一度止まってじっくりストレッチ

 

25km付近

ストレッチを裏側中心でしていたため

太もも前側(正確にはたぶん内側広筋)がきた

 

25-30km

11xx7番のお父さんの後ろを

何も考えずただひたすらに付いていく

 

30km

ここで3:30、歩きに切り替える

10分/kmで歩けば、ちょうど2時間

ゴールには十分間に合う時間

 

37-38km付近

急に涙が…

 

40-42km

40km過ぎに一緒にエントリーした友人とバッタリ

最後2kmはのんびり一緒に走ってゴール

f:id:masarusakurai:20171204080953p:plain

 

 

 

で、このレースのどこが

 

「こんな社会いいなぁ」

 

だったというのか?

 

 

今回、後半12kmを歩いたことで

走っていると通り過ぎてしまう

沿道の方々の姿をじっくりと味わえた

 

◼「塩飴でーす!どうぞー!塩飴でーす!」と

 全身全霊の力を振り絞って叫びながら

 歩道の柵から精一杯手を差し出してくれた男の子

 

◼結構な雨の中、傘もささずに手を叩き、

 歩いてる僕に「ナイスラン!ナイスラン!」と

 全力で連呼してくれたお兄さん

 

◼小さい太鼓を叩きながら「がんばれー!がんばれー!」と

 小さい体で声をからしながら叫び続けてくれた女の子

 

◼少し道路からは離れて、家の玄関椅子に座って、

 優しい笑顔で手を叩いてくれたおばあちゃん

 

◼何も言わず、何をせずじっとランナーを見ていたオジさん

 

 

マイベストヒットは

「これ食べたら元気になるぞー」と言って

何の変哲もない食パンをくれたおじいちゃん

 

これには本当に元気をもらった。笑

 

そんな風に、沿道にいた人たちはみんな

それぞれのやり方で、それぞれのスタイルで

全く知らない赤の他人であるランナーたちを応援してくれた

 

 

そしてランナーはランナーで、自分なりの精一杯で走る

 

◼とにかく早く走ることで精一杯を表現する人もいれば

 

◼「ありがとう、ありがとう」と言葉で応える人もいて

 

◼本当に苦しいタイミングではただ下を見て進む時もあり

 

◼ジバニャンやマリオ、泡盛やバナナの着ぐるみで盛り上げる人もいる

 

 

 

応援する人も、走る人もその人なりの精一杯

そしてそれが循環していて、誰も見返りを求めない

 

目の前の人に何かしてあげたいという人と

一所懸命に前に進むことでそれに応える人

 

 

それが僕が感じた

 

「こんな社会いいなぁ」

 

 

そう思ったら涙がこみ上げてきたわけである

 

 

来年2月の東京マラソンは、ボランティアに応募した

 

前に進もうとする人を全力で応援したい

食パンは渡せないと思うが。。。