思ったこと 感じたこと

日々 "思ったこと" や "感じたこと" をつづる場所

デキる上司がよくする質問を解説してみる

今日は、デキる上司がよくする

「何の制約もなかったら、5年後どんな仕事をしていたい?」

という質問を解説してみようと思う

 

 

昨日はかねてから一度行きたいと思っていた

山崎啓支さんのNLPの1dayセミナーに参加

 

即復習&人に伝えることで学習の定着を!

と、ほぼ自分のためですが書いてみます

 

 

NLPとは?」という解説は

Google先生にお任せするとして

 

1年ほど前に

全米NLPのプラクティショナー と

全米NLPコーチング・プラクティショナー

を受けたので久々のNLP

 

 

いくつかの学びをシェア

アジェンダはこんな感じ

 

  1. 脳は「現実」と「イメージ」の区別ができない

  2. 焦点化の原則

  3. 脳をだますために「時間」と「場面」を使う

 

 

では早速

 

脳は「現実」と「イメージ」の区別ができない

 

(セミナーでは、「無意識は…」と説明していましたが

 ここでは簡略化するために脳はとしておきます)

 

たとえば、映画館で見るホラー映画

 

映画というのは

白いスクリーンに映し出されただたの映像

「現実」ではなないと「頭」では理解できる

が、貞子(古い?笑)がテレビ画面から

飛び出してくるシーンで僕たちは怖いと感じる

更に冷や汗がでたり、鳥肌が立ったりもする

 

要は

「現実ではない」と頭では分かっていても

「イメージ」で実際に身体・感情・感覚は反応する

ということ

 

 

そして

 

焦点化の法則

 

これは

「我々は同時に2つのことを捉えるのが苦手である」

というもの

 

たとえば僕はテニスをやるのでよく分かりますが

2つボールが同時に自分に投げられた時

両方を取ろうとした結果、どちらも取れない

という体験を何度もしている

もし2つ同時に飛んできても

1つにだけに意識を向けると

確実に1つは取ることができる

 

僕たちの脳は一つに焦点を絞ることで

より有効に働くようになっている

 

 

この①と②をかけ合わせると

こんなことが起こる

 

「10年前にみんなで海で狂ったように踊ったね!」

という学生時代の楽しかった思い出も

 

「あの時のイジメが苦しかった…」

という子どもの頃のツライ体験も

 

「現実」ではなく

脳の中に作られた「イメージ」である

 

でも人間の脳は

「現実」と「イメージ」の区別ができない

 

ということは、楽しかった思い出をイメージすれば

今この瞬間、心も身体も実際に楽しいという反応をする

 

ツラかったあの記憶をイメージすれば

今この瞬間、心も身体も実際にツライという反応をする

 

 

そしてこれに ②焦点化の原則 が加わる

 

脳は1つのことに焦点を絞ろうとする

楽しかった思い出をイメージしている時には

他のことに焦点はあたらない

 

だから

イメージしたことで起こる心と身体への反応は

今まさにここで起きているぐらいのインパクトを引き起こす

 

 

なーんて話を、じゃあ現実を幸せにいきるために

どう使っていったらいいのか

 

それが③につながっていく

 

脳をだますために「時間」と「場面」を使う

 

自分が未来のどこかで「本当に幸せだなー」

と感じられる場面をイメージしてみる

 

たとえば

家族でのんびり箱根の温泉に行って

畳の部屋でしゃぶしゃぶを食べながら

ビールを注ぎあって他愛もない話をしいてる

 

たとえば

今は「我関せず」「責任のなすりつけ合い」のような職場が

朝からみんな明るく挨拶をして出社して

朝礼でもみんなが最高の笑顔で

それぞれが少しプライベートな話もシェアしている

 

 

これは脳の中につくり出した「イメージ」である

 

が、これまで書いたように

脳は「現実」と「イメージ」は区別できない

 

そして

「焦点」は「イメージしたこと」に絞られる

 

これが

「夢」や「想い」を叶える最大のポイントである

 

 

「未来をありありと臨場感を持ってイメージする」

 

 

f:id:masarusakurai:20170723074222j:plain

 

 

いわゆるデキる上司はこんな質問をする

「何の制約もなかったら、5年後どんな仕事をしていたい?」

 

これはコーチング中にも良く出てくる質問

 

5年後という「時間」を飛ばして

そして「場面」まで想像できるほど

具体的にイメージをしていく

 

 

できる上司は

ここまで脳の構造を理解して

質問をしているかは分からないけど

 

これは

脳の構造的に非常に理にかなっている

とても重要な質問なわけである

 

このブログ、こんな人に届けたい②

 

週末は横浜・山下公園で花火を

 

f:id:masarusakurai:20170719071825p:plain

 

横浜の花火といえば、学生時代

みんなでワイワイと行ったり

デートしたりと

何かと思い出があったりします

 

f:id:masarusakurai:20170719072211p:plain

 

 

ワークスAP時代に

僕に営業を教えてくれた先輩の家で

当時のすごーく怖かった(笑) 先輩たちと

飲みながら見る花火

 

とっても良い時間でした

 

 

 

さてさて、本題

 

前回(このブログ、こんな人に届けたい①) の続きを

 

「なぜ2:6:2の6の人なのか?」

 

 

日本企業には

「スキル・知識」を向上させるための

素晴らしい研修が整っている(図の左側)

 

f:id:masarusakurai:20170719072507p:plain

 

一方で

「心の状態」(図の右側)

はどう扱われているか

 

経営者や、いわゆる意識高い系の人には(図の上段)

社外にメンターや深く語り合える仲間がいるし

 

会社を休みがちだったり鬱の人には(図の下段)

上司・人事、そして家族が親身になってくれたり

専門のカウンセラーが相談にのってくれる

 

 

その一方で

2:6:2の6の人には(図の中段)

「心の状態」を扱う時間も方法もなかったりする

 

この時代、人事部はいつも忙しい

この層に割くためのリソースはなかなかないし

研修をやれたとしても単発でやるのが精一杯

 

それに加え

当人たちの中でもこんなことが起きている

 

 ・自分の「心の状態」を扱うメリットを感じない

 ・扱おうと思っても近くに相談相手がいない

 ・相談相手がいても適切なコミュニケーション

  をしてもらえず、そういう話はしなくなる

 

要するに

自分の「心の状態」に気付き、良い状態にすることが

 

「いかに自分のパフォーマンスを上げるか」に気が付いていない

もしくは

「パフォーマンスを上げたい」と思っていない

 

ちなみに

ここでいう「パフォーマンス」って

仕事の話だけじゃなくて

キャリアの話、100歳まで生きる人生の話

家族の関係や、パートナーとの関係も含んで

 

 

 “ じゃあ、その人たちに「心の状態」

  を扱う方法を伝えていけばいいじゃん ”

 

 

と行きたいところが、ここで大きな問題がある

 

 

それは、このニーズが潜在化していること

 

 

このブログを読んでくれているあなたは

少なくとも自分の「心の状態」を扱った方が

これからの人生にとっていいんだろう、と

少なからず意識が向いている人なわけでして…

 

そこに意識が向いていない人には

このブログは届かないわけです

 

 

部下の問題に苦しんでいる上司に届けたい

 

旦那との関係に悩んでいる人に届けたい

 

本当は夢があるのに、諦めている人に届けたいし

諦めていることすら気付いていない人に届けたい

 

自分の気持ちをグッとこらえている人に届けたいし

そのことにすら気付いていない人に届けたい

 

 

「スキル・知識」は十分に持っている

そんな人が自分の「心の状態」に意識を向けて

人生のパフォーマンスを上げたら

これからの100年ライフ、超高齢化社会において

素晴らしい未来が待っていると思うわけです

 

 

なぜこんなこと思うのか

 

 

それは僕自身が2:6:2の6の人間であり

何となく楽しく生きていければいいやと思っていたし

40歳ぐらいで早期リタイアして

沖縄でのんびり過ごしたいと思っていたし

(沖縄でのんびりが悪いわけじゃないですよ!)

 

そんな僕が人間心理の探求をはじめ

本当に人生のパフォーマンスが上がったから

 

そして一見ごく普通のサラリーマンだった人たちが

本当に生き生きと働いている姿をたくさん見たから

 

日本には「スキル・知識」をたんまり持った

最高の人材がたっぷりあると思うわけです

 

これをもっともっと活かして

更に幸せでマインドフルな国や世界を見たい

 

 

このブログ、こんな人に届けたい①

最近、食べた2つの餃子

 

f:id:masarusakurai:20170716100858p:plain

 

左の写真は家で妻が作ってくれた

餃子なわけですが

真ん中に「茹でもやし」ですね

 

はい、そうです

いわゆる浜松スタイル

 

にしても、餃子とうなぎって

浜松にいた頃ってホントよく食べたなーと

東京に来てから改めて思うわけです

 

で、この茹でもやしなんですが… 

 

と、餃子の話を始めると

いつまででもできそうなので本題に

 

 

前回のブログ(6ヶ月やって見えること) で

" ごく一般的な社会人に届けたい "

" 2:6:2の6の人に届けたい"

 ということを書いた

 

それがなぜかを数回に分けて書いていく

 

 

仕事でもスポーツでも、パフォーマンスって

「スキル・知識・経験」×「心の状態」

なんじゃないかなーと思うんです

 

f:id:masarusakurai:20170715082743p:plain

 

例えば、スポーツで言うと

練習ではめっちゃ上手くいくのに

本番の大事な場面になると弱いとか

 (よーーく身に覚えがあります。涙)

 

例えば、平均台

公園にある平均台なら余裕だけど

地上100mの場所で平均台となったら

僕なら確実にビビるなーとか

 

 

スキルや知識はあるのに

「心の状態」によって

その力が発揮できなくなる

 

 

これ仕事でも同じで

新人がテレアポする時も

大切なプレゼンをする時も

ミーティングでファシリをする時も

 

できる力は持っているのに

その力が発揮できないことがある

 

これは瞬間的なパフォーマンスでも

中長期的なパフォーマンスでも

同じことが起きていたりする

 

f:id:masarusakurai:20170715083221p:plain

 

もちろんこんな単純な掛け算ではないけど

イメージ的にはこんな感じ 

 

 

で、この「心の状態」の扱い方って

学校では専門的に教えてくれない

 

そして

もっと悲劇的なのは、社会人になって

「スキル・知識」と「心の状態」

が区別されない時に起こったりする

 

大きく2つのすれ違いがある

 

「スキル・知識」が足りないだけなのに、

 「あいつは気合いが足りない」

 「最近の新人は根性がない」

 「彼は強い意志がない」

と言われたり、みなされたりする

 

逆に「スキル・知識」はあるのに

「心の状態」が悪いことで、

本来の力が発揮できていなくて

「あいつはできない奴だ」

なんて、こともよく起こる

 

 

僕はこのブログでは

後者の話をしていきたい

 

スポーツで言うなら

 

練習で培った力を本番で最大限に発揮する

「心の状態」の作り方だったり

 

本番に向けて練習のモチベーションを

良い状態でキープしていくための

「心の状態」の作り方である

 

 

ちょっと長くなってきたので

今日はこの辺りで

 

次回以降で

「なぜごく一般的な社会人なのか?」

「なぜ2:6:2の6なのか?」

の核心に振れていければと