思ったこと 感じたこと

日々 "思ったこと" や "感じたこと" をつづる場所

こんな社会って素敵じゃないですか?

NAHAマラソン 37−38km付近

ふいに涙が押し寄せてきた

 

 

「こんな社会いいなぁ」

 

そう思ったらグッときてしまったのだ

 

 

何とか涙は我慢した

そして、雨でごまかされたが

確実に目に涙はたまっていた

 

 

本題に入る前に、まずは超簡単に振り返りから

 

今回まだ足に馴染んでいないワラーチで結構キツかった

f:id:masarusakurai:20171204074936j:plain

f:id:masarusakurai:20171204075952j:plain

 

 

10km付近

左足の親指の付け根に違和感を感じ

早めに絆創膏を張るも早々に水ぶくれに

 

15km付近

かかとの外側が同じように水ぶくれに

早めのストレッチ

ハム・ふくらはぎなど裏側を中心に

f:id:masarusakurai:20171204074436j:plain

 

21km折り返し

水ぶくれをかばった左足が

もう残っていないなーと感じ始めた

 

23km付近

一度止まってじっくりストレッチ

 

25km付近

ストレッチを裏側中心でしていたため

太もも前側(正確にはたぶん内側広筋)がきた

 

25-30km

11xx7番のお父さんの後ろを

何も考えずただひたすらに付いていく

 

30km

ここで3:30、歩きに切り替える

10分/kmで歩けば、ちょうど2時間

ゴールには十分間に合う時間

 

37-38km付近

急に涙が…

 

40-42km

40km過ぎに一緒にエントリーした友人とバッタリ

最後2kmはのんびり一緒に走ってゴール

f:id:masarusakurai:20171204080953p:plain

 

 

 

で、このレースのどこが

 

「こんな社会いいなぁ」

 

だったというのか?

 

 

今回、後半12kmを歩いたことで

走っていると通り過ぎてしまう

沿道の方々の姿をじっくりと味わえた

 

◼「塩飴でーす!どうぞー!塩飴でーす!」と

 全身全霊の力を振り絞って叫びながら

 歩道の柵から精一杯手を差し出してくれた男の子

 

◼結構な雨の中、傘もささずに手を叩き、

 歩いてる僕に「ナイスラン!ナイスラン!」と

 全力で連呼してくれたお兄さん

 

◼小さい太鼓を叩きながら「がんばれー!がんばれー!」と

 小さい体で声をからしながら叫び続けてくれた女の子

 

◼少し道路からは離れて、家の玄関椅子に座って、

 優しい笑顔で手を叩いてくれたおばあちゃん

 

◼何も言わず、何をせずじっとランナーを見ていたオジさん

 

 

マイベストヒットは

「これ食べたら元気になるぞー」と言って

何の変哲もない食パンをくれたおじいちゃん

 

これには本当に元気をもらった。笑

 

そんな風に、沿道にいた人たちはみんな

それぞれのやり方で、それぞれのスタイルで

全く知らない赤の他人であるランナーたちを応援してくれた

 

 

そしてランナーはランナーで、自分なりの精一杯で走る

 

◼とにかく早く走ることで精一杯を表現する人もいれば

 

◼「ありがとう、ありがとう」と言葉で応える人もいて

 

◼本当に苦しいタイミングではただ下を見て進む時もあり

 

◼ジバニャンやマリオ、泡盛やバナナの着ぐるみで盛り上げる人もいる

 

 

 

応援する人も、走る人もその人なりの精一杯

そしてそれが循環していて、誰も見返りを求めない

 

目の前の人に何かしてあげたいという人と

一所懸命に前に進むことでそれに応える人

 

 

それが僕が感じた

 

「こんな社会いいなぁ」

 

 

そう思ったら涙がこみ上げてきたわけである

 

 

来年2月の東京マラソンは、ボランティアに応募した

 

前に進もうとする人を全力で応援したい

食パンは渡せないと思うが。。。

 

今年も沖縄!いまの気持ちは85点!

週末は3年連続3回目の那覇マラソン

 

1年のリフレッシュを兼ねて家族で沖縄

ダラーっとして、いっぱい食べて、走る

 

今年は市街地ではなく

沖縄の右下の方、南城市に泊まってます

 

f:id:masarusakurai:20171130065133p:plain

 

到着した昨日からだいぶまったりして

今日は朝から波の音を聞きながら瞑想

 

心の状態は85点ぐらいかなー

身体の状態は70点ぐらい

 

 

さてさて、この数値化

 

1on1やコーチングでは「スケーリング」

と言われたりしますが、これめっちゃ役に立ちます

 

今日の朝起きた時のすっきり感、何点ですか?

と問われると、ついついそれについて考え始める

 

ついつい、ってとこが大事

 

 

人は感覚も感情も、全て余すことなく味わっていると

生きていけないから、情報(五感刺激)を削除している

 

でも幸せに生きるために、楽しくいきるためには

自分にとって大切な感覚・感情は気付けた方がお得

 

そんな時、自分に質問をしてみる

「いまの心の状態は何点?」

「85点のできているところはどこ?」

「残り15点はどんなこと?」

 

こうして普段通り過ぎて気付かないところに

意識を向けていく、そして、気付いてみると

幸せに楽しく生きるためのヒントが転がっている

 

 

ちなみにこれは機械学習の仕組みと似ているように思う

 ・上手くいくパターンをインストールするんじゃなく

 ・たくさんデータを突っ込んでいくと上手くいく

 

 

この話をすると思い出すのは愛読書の一つ「インナーゲーム」

http://amzn.to/2AIJZJD

 

コーチングの原点とも言われるティモシー・ガルウェイさん

 

意識を向ける対象を変えることで 

スポーツで劇的にパフォーマンスを上げる方法が書かれている

 

ちなみにテニス版とゴルフ版も出てますが

これ読んで実践したらマジで上手くなりますよ

 

テニス版

http://amzn.to/2kblAW3

 

ゴルフ版

http://amzn.to/2kaEtbC

 

 

ということで

今日は久高島と斎場御嶽に行ってきまーす!

その目標は簡単に叶えられる

1歳7ヶ月になるウチの娘、ご飯が大好き

 

子どもが椅子に座って、目の前のご飯に集中して

ご飯を食べてくれるって、親としてはとっても嬉しいですよね

 

親のあり方(意識の持ち方)と声掛けの仕方で

ある程度はそういう状態にはなります

 

が、やはり飽きてきて遊んだり

「食べさせて〜」と甘えたりすることもあるわけで

 

先週の月曜日、3連休の最後の祝日

我が家の夕食はカレーでした

 

食べはじめて20分

娘は少し遊びだし、注意散漫になってきました

 

カレーが大好きな僕は、そんな娘に目もくれず

夢中でカレーを食べいち早く完食

 

そして妻に「おかわり!」と言いました

 

すると娘がピクッと反応

「おかわり?」「何それ?」という反応

 

妻が2杯目のカレーを持ってくると

「なるほど!おかわりってそういうことね!」と同時に

「私もおかわりしたい!」というスイッチがON

 

さっきまで遊んでたのに、夢中でご飯を食べ始めました

 

 

 

物事には、目標と手段があります

 

目標Aを達成するために手段Aがある

 

そして目標Aを達成したいのって

何のためだっけ?と考えると

目標Aの更に上位レイヤーにまた目標Bがある

 

その時、目標Aは手段Bになる

図示するとこんな感じ

 

f:id:masarusakurai:20170924070742p:plain

 

 

そして

目標はなかなか手にはいらないけど

手段は簡単に手に入る

 

目標は、手に入っていない前提

手段は、手に入る前提

 

認知科学や心理学でも説明できますが

長くなるのでそこは省略

 

 

あなたが目標として追いかけてきたこと

手段にしてみたら何が起きるでしょうか?

 

 ・フルマラソン走りたい

 ・10kgダイエットしたい

 ・簿記の資格を取りたい

 ・仕事で評価されたい

 ・子どもが欲しい

 ・あの人と上手くやりたい

 

 

ちなみに僕はこちらの記事でも書きましたが

英語を1,000時間、勉強しましたがダメでした

 

 

なにせ「英語を話す!」が目標になっていたもので

 

「英語を話す」ってことがもし手段になっていたら

 

f:id:masarusakurai:20170924070822p:plain

 

黄色い箱の中に

 ・良いサービスを世界の人に伝える

 ・より多様な生き方・価値観を知る

という目標が入り

それがどうしてもやりたくてたまらなくて(ここ超重要)

そのために「英語を話す」という手段が必須だったら

 

まぁ、絶対に話せるようになるでしょうね

 

 

 

さてさて

 

カレーを食べた3連休の前半は

群馬の水上へ「ニューアコ」に行ってきました

 

大好きなハナレグミを芝生の上に座りながら

聞くという時間は最高でした

 

f:id:masarusakurai:20170924070223p:plain

 

f:id:masarusakurai:20170924070953j:plain

 

f:id:masarusakurai:20170924071032j:plain

 

 

そして家に泊めてもらった大学時代の友人と

ワインとともに夜中2:30まで話し

翌日は水沢うどんからの伊香保温泉

 

何とも楽しい3連休でした

 

 

ちなみに

おかわりをした娘

 

2杯目のカレーには

飽きてまた遊んでましたとさ